シングルセルRNA-seq解析

特徴

  • BD Rhapsody システムを用いたナノウェル・磁気ビーズを利用した Whole Transcriptome scRNA-seq 解析です。
  • ナノウェルと磁気ビーズを利用するという特徴を利用し、タンパク質変性作用のある界面活性剤の利用により細胞溶解時に RNase を不活化できます。
  • 当社独自の固相ビーズからの全cDNA増幅法(TAS-Seq法)により、高感度・高精度な解析を実現しています。
  • マウスの肺、すい臓ラ氏島、腎臓や、ヒトのリウマチ肺、胃がんの生検サンプル由来白血球、ヒト末梢血、好中球などの解析実績があります。
  • Biolegend社 Hashtag、BD社 Sample Tag 等によるマルチプレックス解析に対応しており、多くのコストを必要とせず多検体解析が可能です。
  • シーケンスデータから1細胞ごとの遺伝子発現テーブルを作成いたします。また Seurat ソフトウェアによるクラスター解析やマーカー遺伝子テーブルの作成も行っております 。
  • BD Rhapsody Express システムの貸し出しサービスを行っております。ユーザー様の研究施設で細胞懸濁液から細胞の単離、溶解、cDNA合成までを行うことが可能です。cDNA合成後は当社においてTAS-Seq法による増幅、ライブラリ調製、DNAシーケンスを行います(標準 1細胞あたり 20,000~50,000 リードを取得し、1検体あたり 1,300~20,000 細胞を解析します)。
     ※ シークエンスは提携先企業の Novaseq 6000 にて行います。
  • 豊富な免疫学研究実績によりマルチカラーフローサイトメトリーの解析支援も承っております。

お見積もりをご希望の方は以下のファイルにご記入の上、support{a}immunogeneteqs.com へお送りください。(ご連絡の際は、{a}を @ にお差し替え下さい。)

      download_icon   single-cell RNA-seq 御見積ご依頼書をダウンロード




SCT解析とは

受注から納品までの流れ

  • 研究デザインや細胞調整法、細胞QC方法等につき、事前ヒアリングを必ずお願い致しております。

解析例  (図をクリックすると拡大します)