シングルセルRNA-seq解析

特徴

  • BD Rhapsody システムを用いたナノウェル・磁気ビーズベースの、100-20000細胞のシングルセルRNA-Seqライブラリの取得
  • 磁気ビーズにcDNAをトラップしますので、細胞溶解時にタンパク質変性作用のある界面活性剤が使用可能です。
  • ImmunoGeneTeqs社独自の固相ビーズからの全cDNA増幅法TAS-Seq法により、高感度・高精度なシングルセルRNA-Seq解析を実現しています。
  • マウスの肺、すい臓ラ氏島、腎臓、ヒトのリウマチ肺や胃がんの生検サンプル由来白血球・リンパ球などで実績があります。SMART-Seq2と同等以上の遺伝子検出感度を達成しています。
  • Biolegend社Hashtagによるサンプルマルチプレックス解析に対応しており、解析コストの低減が可能です。
  • 豊富な免疫学研究実績に基づき、マルチカラーフローサイトメトリー解析支援も承っております。


  • 研究デザインや細胞調整法、細胞QC方法等につき、事前ヒアリングを必ずお願い致しております。
  • BD Rhapsody Expressシステムを用い、ユーザーが細胞懸濁液から100~20,000細胞の単離、溶解、cDNA合成までをオンサイトにて行います。組織・血液検体を当社へ送付いただき、細胞分離以降の工程を行うオプションもあります。
  • Biolegend社Hashtagによるサンプルマルチプレックス解析を実施する場合は、cDNA合成前に細胞染色ステップが必要です。
  • cDNA合成後にImmnoGeneTeqs社においてTAS-SeqによるcDNA増幅およびシーケシング解析を行います(標準13,00~10,000細胞、1細胞当たり20,000~50,000細胞) 。
  • シーケンスデータをマッピング後、各1細胞ごとの遺伝子発現テーブルを作成し、結果をお届けいたします。必要に応じてSeuratソフトウェアによるクラスター解析やマーカー遺伝子テーブル作成する追加情報解析サービスもあります 。